初心者必見!アメブロ情報発信で「アンチ」に対する対処法

この記事では初心者必見!アメブロ情報発信で「アンチ」に対する対処法についてお伝えしていきます。

ネット上で情報発信して行く際に留意すべき点は「アンチ」と言われる、批判的なコメントなどをするユーザーが一部にいるということです。

多くの商品を販売している中で一部の批判的な意見を頂くのはごく当たり前のことですが、ここでは初心者に向けてその対処法について解説していきます。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

ネット上での「アンチ」とは?

ネット上での「アンチ」とは、明らかに悪意を込めて発信されたコメントや誹謗中傷です。

場合によっては炎上の原因にもなるため、注意が必要ではあるものの、ネットを通じて自分の意思を主張したり表現したりする以上、いつかは関わる可能性があります。

 

その前に対策や心構えを学んでおかなければトラウマとなり、ネットの世界から遠ざかる事態になりかねないです。実際に名指しで中傷され、ブログなど愛用していたSNSを辞めたという人は多々います。

アンチは批評と混合されてしまいますが、批評は教育的で、もっとより良くなってもらうために厳しい言葉を投げかける事に対し、アンチは揚げ足を取って発信者にレッテルを貼り付ける事を目的としているので全く違うのが特徴です。

 

情報発信では「2:6:2の法則」を理解しよう

「2:6:2の法則」とは様々なビジネスシーンで利用されています。

例えば、「2割の優秀な人、6割の普通の人、2割の優秀でない人」「2割の大切な友人、6割の普通の友人、2割の中の悪い友人」など、何事も2:6:2で比較されているということです。

 

・2:6:2の法則とは?

どのような組織でも、2割の人間が優秀な働きをし、6割の人間が普通の働きをし、2割の人間がよくない働きをするという法則(経験則)を意味する語。ビジネス書などで引用されることが多い。起源は諸説あるが、松下幸之助が提唱したともいわれている。人間だけでなく、アリやハチの社会でも同様の現象が確認されるといわれることもある。類似の法則に「パレートの法則(2-8の法則)」がある。

※weblio辞書より引用

 

この2:6:2の法則法則は人間関係にも当てはまり、2割は自分を大切に思ってくれている人、6割は何とも思っていない人、最後の2割は自分を嫌っている人だそうです。要するに人間関係を築いているなら、必ず自分を敵視している人はいるという事になります。

情報を発信するなら尚更で、特にファンがいるならその裏側にはアンチがいるはずです。しかしそれは自然な出来事であるため、気にしていても仕方がありません。重要なポイントはアンチが出てきたら、どう対応するべきかということです。

アメブロのエラーと対処法について徹底解説

 

アンチの発言に反論をしないようにしよう

アンチの発言には反論せず、スルーするのが一番です。それはひとえに誹謗中傷を悪化させないためですが、その方法は大昔から伝えられていました。

例えば、こんな例があります。Aさんが人々から尊敬を集めていた頃、1人の男がAさんに嫉妬し、ある日待ち伏せして、群衆の目の前で罵りました。その目的はわざと悪口を言い、それで怒って罵倒したら人気がなくなると考えたからです。

 

しかし、Aさんは一言も反論せず、ただ黙って悪口を聞くばかりです。そのうち罵る事に疲れ、へたりこんだ男にAさんは「もしも贈り物をしようとして、その贈り物を相手が受け取らなかったら、それは誰のものか」と問いかけます。

それに対し、男は「自分のもにになる」と答えました。すなわち男が言い放った罵詈雑言は全て、男に返ってきたというわけです。

 

明らかな嘘や中傷は証拠を保存しておこう

基本的にアンチへの対処法はスルーが一番ですが、明らかな嘘や中傷である場合は証拠として保存しておく事をお勧めします。

アンチにも様々なタイプがいるものの、基本的に短い期間で攻撃を繰り返し、「有難うございました」などわざと感謝の言葉を述べれば大人しくなるタイプばかりです。

 

けれど中には、「徹底的に攻撃しないと気が済まない」というタイプもおり、そうしたアンチはプライベートの情報を引き抜いてネットで晒したりします。

アンチは集団になりやすいため、周囲に煽られて行動がエスカレートする事例が多いため、そうした事例になった場合、裁判で有利に立てられるように証拠を保存しておくのがおすすめです。スルーや鈍感力を身につける事も大切ですが、現実的な対処法も知っておいても損はありません。

アメブロが不具合?確認方法と対応策

 

まとめ

初心者必見!アメブロ情報発信で「アンチ」に対する対処法を解説してきましたが、いかがでしたか?

「アンチ」という概念はネット社会では有名な話になっていますので、その概念を理解し対処法を身につけておくことをおすすめします。