fbpx
【10月キャンペーン開催中!】詳細はこちらへ >>

アメブロへ外部サービスで会員登録する方法をご紹介

この記事ではアメブロへ外部サービスで会員登録する方法をご紹介していきます。

アメブロへ会員登録する際に通常のメールアドレスの他に、GoogleやFacebookといったものを利用することが可能です。具体的な登録方法や外部サービスを利用できるプラットフォームなどを合わせて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

アメブロの外部サービスとは?

アメブロの外部サービスは、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSと連携をすることで、より多くのユーザーにブログを認知してもらえることが出来る様になります。

具体的には以下の外部サービスにて登録が可能となっています。

  1. Facebook
  2. Twitter
  3. Google
  4. (Yahoo! Japan
  5. Apple ID

 

また、アメブロからTwitterへは自動連携機能があり設定しておくと、ブログの投稿と同時にTwitterへシェアすることが出来ます。手動でアメブロからTwitterに連携することも可能になり、ブログ記事のURLをコピーして、導入文とともに記載して投稿することで、拡散力が高まります。

この様な連携をすることで、アメブロ以外からの自社サイトにアクセスされる件数が増えたり、自社のSNSへの誘導が可能になり、フォロワー獲得をすることが出来たりします。

 

登録やログインの際に外部サービスを選択

外部のアカウントを連携することで、ログイン時にアメーバID以外のアカウントでのログインが可能です。

設定をすることでアメーバIDにてログインすることができない場合に、外部アカウントを利用してアメーバにログインすることが可能になります。

 

複数のアカウントの連携が可能になりますが、別のアメーバIDに連携済みの外部サービスとは連携することが出来ないので、注意する必要があります。

なお注意点としては、外部のアカウントが使えなくなった場合は、アメーバへのログインは不可になります。

 

注意点:アメーバのパスワード再設定メールが届かない場合

AppleでサインインやGoogle・YahooJAPAN・Twitter・Facebookのアカウント方法のみを利用している場合は、アメーバのパスワード再設定メールは届かない様になってます。

ただしメールアドレスの認証を行っている場合は、利用しているSNSアカウントの種類を知らせるメールが届く様になっています。

 

アメーバにて再設定や再発行の手続きを行うことができ無いので、何らかの原因でSNSアカウントのパスワードが分からなくなってしまった場合は、各アカウント・サービスのサポートページで手続きを行わなければならないです。

アメーバIDを持っている場合は、チャットでのサポートを利用することが出来るので非常に便利な機能です。

 

アメーバにはメールアドレスでの登録を推奨

アメーバの機能を十分に使いこなすためには会員登録が必要になります。会員登録をすることで、アメーバブログやサービスを使用することが出来る様になります。

アメーバに登録するにはメールアドレスを登録する必要があります。1つのメールアドレスに対して作ることが出来るアメーバIDは1つになります。

 

メールアドレスが複数所有している場合は、複数のアメーバIDを作ることが出来るので、いくつものブログの投稿か可能になります。

SNSアカウントを持っている場合は、SNSアカウントでの登録も可能になりますが最終的にはメールアドレスが必要になるので、最初のうちに登録しておくと良いでしょう。登録すると認証コードが送られてくるので、アメーバIDの作成が可能になります。

 

まとめ

アメブロへ外部サービスで会員登録する方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

外部サービスでの会員登録は便利ではありますが、パスワードを変更する際には再設定できません。また、外部サービス自体が使えなくなった場合には、アメブロへログインができなくなりますので、外部サービスでログインする際でもメールアドレスの認証をしておくことをおすすめします。