アメブロのエラーと対処法について徹底解説

この記事ではアメブロのエラーと対処法について徹底解説していきます。

アメブロへアクセスした時にページが表示されなかったり、リロード状態が続いている場合のエラーについて対処法と原因について解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

アメブロのエラー表示について

アメブロではごく稀に障害が発生します。障害が発生すると、記事の投稿や編集ができなくなったり、アメブロにアクセスできない状態にまで陥ります。

こうした障害が発生しているときには、

  • ご指定のページを表示できません
  • お探しのページを表示できません
  • Error 503 backend read error

などと表示されるので、すぐにアメブロに障害が発生していると気付くでしょう。

 

アメブロにアクセスできなったり記事の投稿・編集が障害によってできなくなると、慌ててしまうかもしれません。

しかし利用者側でできることは限られますし、データがすべて消えてしまう可能性はほぼゼロに近いので、落ち着いて対処することをおすすめします。

【2020年版】アメブロランキングの仕組みを徹底解説

 

障害発生の確認方法

アメブロにアクセスできない、記事の投稿や編集ができない状態のときは、障害が発生していないか確認してください。
障害に関する情報は、アメブロの公式Twitterで告知されます。

アメブロスタッフブログ:https://ameblo.jp/staff/theme-10000070547.html

アメブロ公式ツイッター:https://twitter.com/ameblo_staff

 

障害が発生しているのではと疑ったときには、まずは公式のTwitterをチェックしましょう。アメブロにさまざまなトラブルが発生している場合、公式Twitterでは状況が逐一報告されます。

復旧が完了した際にも告知されるので、アメブロを利用しているなら公式Twitterをフォローしておくのがおすすめです。フォローしておけば障害が発生したときにもすぐに気づけるので慌てる必要がなくなりますし、復旧したときもいち早く気づくことができます。

 

アメブロエラーの対処法は「運営側の復旧を待つ」

アメブロでエラーが発生しているときには、ユーザー側で何かすれば解決できると思うかもしれません。しかしアメブロ側のエラーが原因で発生した障害については、ユーザー側で何かしても解消することはありません。

基本的にアメブロの運営側が対処して障害は解消するので、利用するだけのユーザーはただ待ち続けましょう。具体的な時間についてはそのエラーや障害によって異なります。数分のこともあれば、数時間かかる場合もあります。

 

しばらく待ち続ければ普及して普段どおりに使えるので、ビジネスでアメブロを使っているなら別の業務を進めるのが最善の策と言えます。

復旧に関する見通しや作業の進捗状況も、公式のTwitterで随時報告されています。直接問い合わせても公式のTwitterで告知される内容と大きく変わらないので、唯一の対処法は待ち続けることがおすすめです。

 

ほとんどの場合アメブロエラーはすぐに復旧する

エラーが解消するまで待ち続けるのは、大変と思う人もいるかもしれません。確かにエラーが発生しメンテナンスに数時間や数日、長いと数ヶ月に及ぶサービスも存在しています。

そのためアメブロでもエラーが発生したときには不安に思う人もいるかもしれませんが、ほとんどの場合は短時間で解消します。

 

基本的には長くても数時間、早いと数十分で復旧作業は完了しアメブロを元通りに使えるようになるので、長期間待たされる可能性は低いです。

復旧作業の完了時間などの情報は公式Twitterを通して発表されますから、慌てず迅速に普及することを待ちましょう。一度復旧すればいつもどおりにアメブロにアクセスし、記事を投稿したり編集したりできるようになります。

アメブロを正しく活用して集客力を10倍にする3つの方法

 

まとめ

アメブロのエラーと対処法について徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

アメブロのエラーや障害情報の確認方法を事前に知っておくことで、実際にページが表示されたなかった時にスムーズに対応することが可能です。

ほとんどの場合、アクセスした時のネット接続かアメブロ側で何かしらの障害が発生している可能性がありますのでその辺りを重点的に確認してみることをおすすめします。