【活用編】Amebaクーポンの特徴と仕組みを徹底解説

この記事では【活用編】Amebaクーポンの特徴と仕組みを徹底解説していきます。

Amebaクーポンを活用すれば情報発信のみならず、日常の様々な側面でメリットを享受することが可能です。今回、アメブロのビジネス利用とは別に活用方法についてお伝えしていきます。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

Amebaクーポンとは?

Amebaクーポンは2019年の10月にリリースされた機能で、コンビニを始めとしてファストフード店やドラッグストアなどで利用できるのが特徴です。

利用はAmebaアプリから可能で、該当のページを開くとお得なクーポンをゲットできます。主に実店舗で利用することを目的としたクーポンですから、誰もが身近にあるお店を中心として対象に、各種商品のクーポンが取り揃えられています。

既にAmebaアプリを利用している人であれば、すぐにでもゲットしたり使い始められます。ブラウザ版を使っている人は、アプリのダウンロードを行えば利用できるようになります。

ただバージョンが古いとお得な情報が表示されなかったり使えないので、Amebaアプリを使っている人は最新バージョンに更新することをおすすめします。

アメブロの「総合ランキング」を徹底解説

 

Amebaクーポンの利用方法

Amebaクーポンの利用は簡単で、スマホのAmebaアプリを起動、該当のページを開き店頭で商品の注文時に画面を提示するのみです。

または番号を伝える形でも利用できるので、とてもシンプルでスピーディーに決済を済ませられます。従来の紙タイプと比べて、印刷や切り取る手間がありませんから、非常に利便性が高い上にエコです。

 

各クーポンには有効期限が設定されているので、期限内であれば基本的に対象のお店で使えます。画面の提示は必須ではありませんので、事前に内容を確認して番号を覚えておき、それをお店で伝えるだけで良いのも便利です。

QRコードを利用するタイプと比べて接触が少ないですから、その点もAmebaクーポンの魅力だといえるでしょう。

 

どのお店で利用できるのか?

Amebaクーポンが使えるお店には、コンビニだとローソン、ファストフードならマクドナルドやロッテリア、ドミノピザにピザハットとピザーラが並びます。

牛角や日高屋といった飲食店や、ココカラファインやサンドラッグなどのドラッグストアでも使えますし、100円ローソンも対象のお店に含まれます。

 

外食だとペッパーランチやいきなりステーキも対象ですから、Amebaクーポンは何かと利用できるお店が多いです。今後も使えるお店が増える可能性は高く、既に大手が参入していますから、お得を享受できるチャンスは十分にあります。

他にも、カラオケのJOYSOUND直営店や居酒屋の土間土間、天然石のGOLDSTONEなど魅力的なお店が満載です。

 

Amebaクーポンを利用する際の注意点

Amebaクーポンを利用する際は、注意点として使用の十分な確認が挙げられます。具体的には使えるお店の条件や有効期限などで、どの店舗で利用できるか事前にチェックすることが大事です。

Amebaクーポンは、あくまでもAmebaがお店のクーポンを掲載している形に留まるので、提供開始後にお店の都合で利用条件が変更になることは十分にあり得ます。

 

つまり、使えると思っていたクーポンが、何らかの理由で利用時に使えないということもありますから、使う直前に再度条件を確認するのが賢明です。

有効期限には日付と時間も設定されているので、日時までしっかりと目を通して確認しましょう。それ以外は特に注意点はないですが、突然利用できるお店が増えることもあるので、活用のチャンスを増やす意味でもこまめな情報のチェックが大事です。

【iPhone・Android】アメブロで記事が見れない時の対処法

 

まとめ

【活用編】Amebaクーポンの特徴と仕組みを徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

日常生活での様々な知見を得ることで、アメブロでの情報発信の際に役に立つと思います。ぜひAmebaクーポンを活用してみてください。