アメブロアフィリエイトで「楽天」を利用する際の3つの注意点

この記事ではアメブロアフィリエイトで「楽天」を利用する際の3つの注意点についてお伝えしていきます。

注意点としてはアメブロアフィリエイトでの楽天の報酬上限と上限を上げるためにやるべきこと、法人利用の審査について解説していきます。

アメブロアフィリエイトで楽天は人気の部類に入りますので、これらを理解しておくことをおすすめします。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

楽天アフィリエイトの報酬上限の確認

アメブロアフィリエイトで楽天を利用する場合、楽天アフィリエイトの報酬には上限があるので注意が必要です。

例えば手続きが済んでいない状態で報酬を獲得しても、1ヶ月あたり3千ポイントを上限に獲得が制限されます。つまり、頑張って3千ポイント以上稼いでも、それ以上は受け取れないので非効率になってしまいます。

 

楽天アフィリエイトに取り組む時は報酬上限の確認を事前に行い、それから目標を設定して挑戦することが大切です。

他にも報酬に関する条件が設定されていることもあり得るので、アメブロアフィリエイトにおける楽天の利用には条件を確認することが必須です。1ヶ月の獲得額が少額なら気にする必要はありませんが、頑張って稼ぐ人にとっては避けては通れないと思います。

AmebaPickの稼ぎ方を3ステップにて徹底解説

 

報酬上限を上げるためにやるべきこと

報酬上限を上げるためには、開催されているキャンペーンの確認と、そのエントリーを行うことが不可欠です。こちらも忘れるとチャンスを逃してしまいますから、こまめに確認して必要であればエントリーを済ませましょう。

また、継続的に報酬を獲得して実績を認めてもらう、様々な商品とユーザーを購買に結びつけることも大切です。地道な努力が報酬上限を上げることに繋がりますから、しっかりと1つ1つ確認した上で堅実に取り組んでいくことが求められます。

 

アメブロの楽天アフィリエイトに限らず、広告を出稿するクライアントは商品の購買の成果を求めているので、購買を促進するアフィリエイトを行うのがポイントとなります。

一般的にPV数の多いブログは報酬単価が高いですから、PV数を増やす取り組みをするのも1つの方法です。

 

法人の場合には審査後に「振込」にて報酬獲得ができる

アメブロアフィリエイトは法人の場合だと審査後に振込の形で報酬が獲得できます。電子マネーなどに交換できる独自の通貨ではなく、現金で受け取ることが可能ですので、法人にとっては必須とも言えます。

事前に審査がありますし、振込なので振り込まれるまでに時間を要しますが、何より現金による報酬獲得のメリットは大きいです。

 

個人でも3ヶ月連続で月間5千ポイント以上の報酬を獲得すると、振込で振り込んでもらえるようになりますが、こちらも審査が必要なのは法人と同様です。

法人は最初から成果報酬の全額振込が受けられるので、その点は個人よりも優位なポイントだといえるでしょう。
問い合わせは情報の提出が必要になることもありますから、忘れずに必要な手続きを進めることをおすすめします。

 

初めての頃は報酬を少しでも増やす努力を行う

アメブロアフィリエイトを始めるなら、最初は報酬を増やす方向性で努力するのが賢明です。

報酬が増えないと、獲得上限の悩みすら抱くことができませんから、まずは上限に悩めるくらいに報酬を増やしていくことが肝心です。大切なのは諦めずにコツコツと続けること、そして成果が出たら自らを褒めてモチベーションを保つことです。

 

アフィリエイトは成功までに長い道のりがありますし、成功者は地道に続けた結果現在の報酬獲得に至っています。

つまり努力と継続なくして報酬の獲得はありませんから、初めは微量でも増やす方法を考えて努力することが重要です。もらえる額が増えると純粋に嬉しいものですし、余裕が生まれるので今後の戦略の幅が広がります。

【2020年版】アメブロランキングの仕組みを徹底解説

 

まとめ

アメブロアフィリエイトで「楽天」を利用する際の3つの注意点を解説してきましたが、いかがでしたか?

楽天には報酬上限がありますので、最初の頃は注意が必要です。報酬上限を上げることが可能なので、実践してみることをおすすめします。また法人でアフィリエイト活動に取り組む方は事前審査がありますので、これらを注意する必要があるでしょう。