fbpx
1ヶ月無料キャンペーン開催中!詳細はこちらへ >>

アメブロが不具合?リアルタイムで確認する方法と対応策

この記事では「アメブロが不具合?確認方法と対応策」を解説していきます。

アメブロで不具合が起きた時にするべき確認の方法と対応策を知っておくことで、実際に遭遇した時にスムーズに対応することが可能です。ここではリアルタイムで障害発生を確認する方法をご紹介するとともに、ブログ運営時にできる対応策について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロの不具合とは?

アメブロを利用しているときに起こり得る不具合には様々なものがあります。

例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • ブログページへアクセスができない
  • 管理画面へのログインができない
  • メッセージ機能が使えない
  • アクセス解析が動いていない
  • 記事の投稿・閲覧ができない
  • ランキングが動いていない
  • 投稿した記事が閲覧できない

 

一部の機能だけに不具合がでているのであれば、その他の機能を利用可能です。しかし、アメブロそのものが障害が発生している場合には、利用することができません。単なる不具合ならば一時的な現象ですから、時間を空けることでほんとんど解決します。

何が起きているのか、そして復旧がいつ頃になるのかという情報を集めながら元通りになるのを待ちましょう。

 

なお、規約違反でアカウントを凍結や削除されたときには二度と戻らない可能性もありますので、まずは情報収集してみることが賢明です。

具体的には、周りのブログが同じ状況下を以下で解説している方法を利用して探してみることです。同じ状況のブログが多く存在すればアメブロ側の不具合となりますが、周りが何も起きていない場合には自分のブログだけに起きた事象だと判断できます。

 

アメブロ公式Twitterでリアルタイムで確認

アメブロに不具合が起きた場合、正確な情報を入手する方法としてアメブロ公式Twitterがあります。不具合情報はアメブロのスタッフブログにも掲載されますが、それだとシステム自体に障害がでたときには情報の更新ができません。

一方で、Twitterは外部の会社が運営してるサービスになりますので、どのような不具合が起きたとしても情報が発信されます。

 

SNSですから掲載できる情報は短いですが、少なくとも現時点でどのような状況かを確認できますし、復旧したときもリアルタイムで通知されます。

普段からTwitterを利用しているならばアメブロ公式Twitterのアカウントをフォローしておけば、すぐに情報を収集することができるでしょう。

 

アメブロの不具合は最大でも24時間程度で復旧する

アメブロの不具合では重要な情報を発信したくてもできなかったり、いつも楽しみにしている人の記事を読めなくなったりします。そんな状態が何日も続けば、非常に辛い思いをする人も出てくるでしょう。

では、実際にアメブロの不具合はどのくらいで復旧するのかというと、最大でも24時間程度というのが目安です。

 

不具合が起きた時間帯と障害の内容によっては、それ以上に時間がかかることもあり得ますが、何日も不具合が起きているというのは考えにくいです。なお、不具合からの復旧といっても、完全に解決できないこともあります。

一部の不具合を残しているときでも、記事の投稿や閲覧と行った機能が正常であればアメブロを使えます。その場合には完全な復旧ができるまで使える機能だけで利用して、残りの機能が使えるようになるのを待つことが賢明です。

 

対応策は時間を空けてからアクセスすると良い

アメブロに不具合が起きている時に、ユーザーができることはほとんどありません。不具合が起きているということは、運営会社も把握しているでしょうし、復旧に向けての作業は始まっている可能性が高いです。

そうなると、利用するだけのユーザーができる作業などはありませんので、待つことが賢明となります。

 

待つといっても、復旧までにどのくらいの時間がかかるのかということはわかりませんから、アメブロのエラー画面をただ眺めているだけでは時間の浪費になります。どのような作業でもある程度の時間がかかるので、それまでは他の作業をやったほうが効率的になります。

アメブロの公式Twitterや同じアメブロを使っているユーザーのSNSなどで、復旧したという情報が発信されてからアクセスすれば時間が無駄にならずに済むでしょう。

 

まとめ

アメブロが不具合?確認方法と対応策についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

不具合が起きた時にはアメブロの公式ツイッターやスタッフブログなどで確認することをおすすめします。そこに記載がない場合には、自分自身のネット接続状況が悪い場合もありますので時間を空けてからアクセスしてみるのもいいでしょう。