アメブロランキングで圏外になる4つの理由を徹底解説

この記事ではアメブロランキングで圏外になる4つの理由を徹底解説していきます。

この4つのランキング圏外になる理由を理解しておけば、実際になったときでも冷静に対処することができるでしょう。さらに、ランキング圏外になったその後はどのようにすればいいのかなどを詳しくお伝えしていきます。

この記事を見れば、アメブロランキング圏外表示の全てを解決できるでしょう。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

アメブロランキングの圏外になる4つの理由

アメブロランキングの圏外になる4つの理由は以下の通りです。

  1. 公式ジャンルとブログ内容が合っていない
  2. ユーザーからの通報
  3. 著作権や誹謗中傷を行っている
  4. いいねやフォローなどの自動化ツールを利用している

 

主にこの4つのことがアメブロランキングの圏外表示となります。

これを順序よく解説していきますのでご覧ください。

【最新版】アメブロランキングの仕組みを徹底解説

 

理由①:公式ジャンルとブログ内容が合っていない

アメブロの読者は、検索で「教育」や「ファッション」といったキーワードで読みたいブログを検索したり、最初から公式ジャンルを選んでその中のブログを閲覧することが多いので、公式ジャンルに入っておくメリットがあります。

また、公式ジャンルのブログは、運営が内容をチェックしますが、それだけ目に留まりやすくなり良質なブログはトピックスに上げてくれます。

 

しかし、毎日せっせとブログを更新すると、やはりネタ欠乏になってきて、ついテーマから脱線した記事を書いてしまうときがあり得ます。

テーマに沿ったネタがないなら、お休みすれば良いのですが、毎日更新することがクローラーに拾われやすいなどという記事を読むと、更新せねばという切迫感に襲われ、テーマと違った記事を書いてしまうのです。これが5回連続して続くと運営から警告がきて、それでも無視しているとランキングから外されてしまいます。

 

理由②:ユーザーからの通報

ランキングの上位にあるブログは、常に読者やライバルブロガーの目に留まる位置に表示されています。

どんな内容の記事なのか気になってチェックしてみると、ビジネスで集客に使っているようなブログや、素人なのに専門家を名乗ってセミナーなどを告知しているものなど規則で禁止されていることを平気でやっているものが、横行しています。

 

また、特に写真が問題で運営も文字だけではなくて、写真を効果的に使っているブログがトピックスにも上げやすいと言っているのもあり、ネット上からコピペした写真を自分が撮った写真であるかのにように掲載している上位ブロガーもいます。

そのようなブロガーは通報されますが、1件や2件の通報では何も起こりません。2桁に近いくらいの通報が来れば運営がランキング外しに動くでしょう。何の連絡もなく、翌日からランキング圏外になってしまうことがあります。

アメブロで著作権侵害を通報をすると効果はあるか検証・分析

 

理由③:著作権や誹謗中傷を行っている

著作権を侵害しているものや、誹謗中傷については、もともとアメブロの規則で禁止されていますが、それでも無視して掲載していると、通報されてしまいます。

特に、映画関係や芸能関係のものは、どうしても映像が必要になることが多く、自分で効果的な写真を持っていない場合に、ネットからコピーして貼り付けるパターンです。実在するタレントの画像はほとんど何も言われませんが、アニメ作画についてはコミックの表紙とかでもすぐに削除されてしまいます。

 

誹謗中傷も言葉や程度によりますが、正義の反対は「もう一つの正義」といわれているように、お互いに自分が正義だと思っているので、すごいバトルに発展することがあります。

人に危害を加えるような言葉や攻撃的な予告などが入っていたら、即通報されるか運営のリードチェックでアカウント削除もあり得ます。

 

理由④:いいねやフォローなどの自動化ツールを利用している

いいねやフォローの自動化ツールを使っているブログはある基準に基づくと明確に判断ができます。

自動化ツールを利用してランキング圏外になる可能性は2つあります。それが以下の通りです。

  • アメブロ側のシステムが検知
  • アクション先のユーザーからの通報

 

アメブロ側のシステムが検知

これが自動化ツールを利用した人でランキング圏外になる最も多いものです。

自動化ツールはいいねやフォローなどアクションを代行していきますので、高頻度でアメブロ側のサーバーと通信を行います。その結果、大量のツール利用者が高頻度でアクセスをしてきますので自ずとシステムに検知されます。

 

これは他のソーシャルメディアでも同様ですが、自動的にアクションを行うというのは原則禁止となっています。

アメブロ側でも自動検知システムがありますので、すぐに見つかってしますようです。

 

アクション先のユーザーからの通報

アクション先のユーザーからの通報というのは、自動化ツールを利用するといいねやフォローを大量にしていきます。

つまり、「いいねやフォローをしたユーザーから通報される」ということになります。

 

なぜ、通報されるのか?

主に自動ツールを利用している人はビジネス目的が大半です。アクションされた人は実際にブログを見にくる傾向がありますが、そこでビジネス勧誘や商品の販売を大々的に行なっていればアクションされた側としては嫌な気持ちになるでしょう。

つまり、純粋に自分のブログを見てくれるのではなく、ビジネス目的でいいねやフォローをしていると判断されるのです。これが結果的に通報につながるということです。

 

アクション代行の自動化ツールはペナルティーの危険がある

アクションを代行する自動化ツールはペナルティーの危険がたくさんあります。「安いから利用しよう」というのはブログという資産を危険にさらすものです。

アメブロアクセスupサービスのように人工知能の専門的なエンジニアが開発したサービスだとそのような心配もありませんので、まずは無料で始めてみてください。

 

自動化ツールを利用しているブロガーに対してはアメブロ運営側は何の連絡も警告もなく無情に冷酷な突然のランキング圏外にしてしまいます。さらに重いペナルティーも存在しますので注意が必要です。

【2019年版】アメブロのツールで効果が有るものと無いものを比較

 

まとめ

アメブロランキングで圏外になる4つの理由を徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

主なアメブロランキング圏外飛ばしはこの4つとなりますので、理解しておくと実際に起きた時や未然に防ぐことが可能になるでしょう。

ユーザーに有益なコンテンツを発信するとかしっかりとしたアクセスアップサービスを利用すればこのようなランキング圏外飛ばしは起こらないでしょう。