fbpx
【最大77,700円還元】年末キャンペーン開催中! >>

【初心者向け】アメブロの見やすい記事の書き方とコツ

この記事では初心者向けとしてアメブロの見やすい記事の書き方とコツをご紹介していきます

「アメブロの記事をもっと見やすくしたいけど、書き方がわからない」と、思いつくままに文字を入力していませんか?読みにくい記事は、集客力にも悪い影響を与えるので、今すぐにでも見やすくすることが推奨されます。アメブロの記事を読みやすくする方法はコツさえわかれば、そんなに難しくありませんのでぜひ実践してみてください。

 

アメブロの見やすい記事構成作りのコツ

見やすい記事を書くための初めのステップが、記事の構成作りです。何も考えずに文章を書き始める方法よりも、記事の構成を作ってから文章作成をした方が読みやすい記事に仕上がります。

アメブロの記事を見やすくするための構成の作り方には、3つのコツがあります。ここで、3つのコツを詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

【記事構成の3つのコツ】

  1. テーマは一つに絞る
  2. 誰に向けて書きたいのかを決める
  3. 結論→理由→具体例→結論で作成

 

テーマは一つに絞る

1つの記事で扱うテーマは、一つに限定しましょう。複数のテーマを盛り込むと、「どれが主題なのか」がわかりにくくなります。

それよりも、一つのテーマを深掘りして執筆すると読み応えある記事となり、読者からも喜ばれるはずです。

 

誰に向けて書きたいのかを決める

記事の構成を作りはじめる前に、「どんな人に向けた記事なのか」をはっきりさせましょう。例えば、美容方法に関するブログ記事の場合、以下のような点を意識して読み手の人物像を限定すると目標を定めやすくなります。

  • どんな美容の悩みを持っているのか
  • 性別や年齢層
  • どうなりたいと思っているのか

誰に向けた情報なのかをはっきりさせることで、記事の構成を描きやすくなるはずです。

 

結論→理由→具体例→結論で作成

記事構成の際には、「結論→理由→具体例→結論」の流れを意識しましょう。

結論から理由、理由をさらに深めるための具体例、説得力を高めるためにラストにもう一度、結論を入れる構成の流れはアメブロ以外のブログでもよく用いられています。

 

例えば、次のような構成のイメージです。

  • 見出し1:読みやすい記事を書くためには構成から作るべき(結論)
  • 見出し2:構成にて書くべきことを先にまとめるから、誰でも迷わず書けてわかりやすくまとめられるから(理由)
  • 見出し3:例えば、執筆途中で書くことがわからなくなっても構成を見ればすぐに思い出せて頭の整理がしやすくなる(具体例)
  • 見出し4:要点をおさえた伝わりやすい記事作成の基本は構成作りだ(結論)

この流れに沿ってアメブロの記事の構成を作ると、全体像がわかりやすくなります。

 

アメブロの見やすい書き方の5つのコツ

アメブロの記事の見やすい書き方には、5つのコツがあります。次の5つのコツを押さえて記事作成をすると、今よりももっと読みやすい記事になるはずです。

  1. 一文を長くしすぎない
  2. 適切なところで改行する
  3. 見出しをつける
  4. 見出しごとに画像を入れる
  5. 箇条書きを入れる

 

アメブロで有益な情報を発信していたとしても、読みにくい記事ばかりでは読み手が疲れてしまうかもしれません。ここで、アメブロの見やすい書き方の5つのコツを詳しく解説していきます。

 

一文の長さは40〜60文字程度

アメブロで見やすい記事の一文は40〜60文字程度が理想です。一文とは、文章のはじめから「。」までを指します。

【例】
「今日は朝から夕方まで雲ひとつない青空が広がり、とてもいい天気の1日でした。」

 

一文が短すぎても長すぎても読みにくくなります。また短い一文が連続すると、ぶつ切りになってリズムが悪くなります。

また、文章作成に慣れていない子供が書いた記事のような幼稚な印象を与えかねません。一文の長さは40〜60文字程度を目安とし、一文には1つの情報だけを入れるように心がけましょう。

一文の中に複数の情報を入れると、何が言いたいのかが分かりづらく、まとまりがなくなります。もし、一文に複数の情報を盛り込みそうになってしまった時は「。」でうまく区切って、一文一義を心がけましょう。

 

2、3段で改行を入れる

文章の改行入れ方によって、アメブロの記事の読みやすさが大きく変わります。アメブロの記事の見やすさを意識する上で改行の入れ方が重要なポイントになります。アメブロでよく見られる改行方法は、次のとおりです。

  • 20文字以内のキリのいいところで改行
  • 2、3段で一行あけて改行

 

一行の文字数が20文字を超えると、スマホで見たときに文章が2段になってしまいます。すると、中途半端なところで改行されてしまうため非常に見づらくなるのです。

また、20文字以内の一行で改行をし3段以内にまとめることで読みやすくなります。3段の後は一行あけて改行をして、新しい一文に繋げるのがおすすめです。

 

【読みにくい例】
「昨日は残業で帰りが遅くなったので夕飯を作る暇がありませんでした。肉じゃがを作る予定でしたが、仕方なくスーパーで買って帰りました。」

【読みやすい例】
「昨日は残業で
帰りが遅くなったので
夕飯を作る暇がありませんでした。

肉じゃがを作る予定でしたが、
仕方なくスーパーで
買って帰りました。」

 

見出しをつける

アメブロやブログの見出しとは、書籍の目次のようなものです。書籍を読むとき、はじめに目次を見て内容をつかみませんか?

それと同様に、アメブロやブログの記事も見出しをつけることで記事の全体像や内容の流れがつかみやすくなるのです。そのためには、記事の内容がわかる見出しの付け方をしなければいけません。

 

わかりやすい見出しの付け方のポイントは、次の通りです。

  • 本文の内容がわかる見出しにする
  • 見出しの文字数は20文字以内
  • 記事の内容がわかる見出しをつける

 

まず、各見出しの後に続く本文の内容が一目でわかる見出しをつけましょう。

文字数が多い見出しでは、内容が掴みにくくなる上に記事全体も読みにくくなるため、おすすめできません。見出しの文字数は20文字以内に抑えて、複数の見出しに目を通したときに記事の全体像がすぐにわかるような付け方が理想的です。

 

見出しごとに画像を入れる

各見出しの下には、本文の内容と一致したイメージ画像を入れると、アメブロの記事が見やすくなります。見出しの次にイメージ画像を見ることで、記事の内容がよりつかみやすくなるからです。

見出しごとの内容を視覚的に伝えるためにも、フリー画像や自分で撮影した画像の挿入が効果的です。

 

箇条書きを入れる

文章の中で、いくつかの名詞や単語が並ぶ場合、箇条書きでリスト化すると読みやすくなります。

例えば、

「ビタミンCを多く含む食べ物は、レモンやキウイフルーツ、キャベツ、アセロラ、ピーマン、いちごなどがあります。」

このような文章を書くとき、「レモンやキウイフルーツ、キャベツ、アセロラ、ピーマン、いちご」の部分を箇条書きにすると、内容を読み取りやすくなるのです。

 

「ビタミンCを多く含む食べ物は、

・レモン
・キウイフルーツ
・キャベツ
・アセロラ
・ピーマン
・いちご

などがあります。」

このように適切な場所に箇条書きを使うことで、アメブロの記事が見やすく読みやすくなるので、ぜひ取り入れてみてください。

 

まとめ

見やすいアメブロ記事を書くためのコツをご紹介しました。ブログ記事は長文になるほど、わかりやすくまとめる力が必要です。有益な情報がたくさん詰まった読み甲斐のある記事の発信を目標に、ご紹介した方法をぜひ試してみてください。