fbpx
累計稼働数17,000突破!お申し込みはこちらへ >

【アメブロのカバー画像】推奨サイズを徹底解説

この記事ではアメブロで設定できるカバー画像の推奨サイズを徹底解説していきます。

アメブロでカバー画像の設定は主流となっていますので、クリック率を高める場合には設定が推奨されます。そんな時に気になるのが「推奨サイズ」ですが、クリックされやすい推奨サイズについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロのカバー画像とは?

アメブロにはカバー画像が存在しており、記事の作成時に設定することができるもので、一般的にサムネイル表示のための画像だと言えるでしょう。

アメブロ独自の名称であることから戸惑ってしまう人も多いですが、一般的にアイキャッチ画像と呼ばれるものと同等のものとなっています。

 

ここで設定したものは、記事一覧ページやリンクカード、フォローフィードやランキング、リブログやSNSで共有する際など、様々なタイミングで表示されることになります。

画像を選択する時には記事とマッチしたものを選ぶことで、読者は直感的にどのような内容が記載されているのか判断できるようになるでしょう。自由に設定できますが、効果的な取り入れ方をすることが大切だと言えます。

 

カバー画像の設定方法

アメブロのカバー画像の設定方法は簡単にすることができます。具体的な手順は以下の通りとなります。

【アメブロのカバー画像設定】

  1. アメブロへログイン
  2. 記事執筆画面を開く
  3. 投稿画面の下部の「カバー」より「画像を選択」をクリック
  4. アップロード済み画像より画像を選択
  5. 記事一覧やSNSのプレビューを確認
  6. 「カバーに設定する」をクリック
  7. 「投稿する」をクリックし完了

 

スマートフォンから作成する場合は、ブラウザではなくアプリを利用する必要があります。アプリを使うと投稿時の追加するボタンから設定でいるようになるでしょう。

ライブラリにはスマホに保存されているものが表示されるので、その中から使いたいものを選んでタップします。パソコンと同様に投稿などの操作を行うと完了です。

 

カバー画像の推奨サイズ:SNSによって異なる

アメブロでカバー画像を設定する前には、推奨サイズを知っておくことが大切です。サイズが合わないものを選択してしまうと、見切れたりボヤけたりしてしまい違った表示になる可能性があります。

プレビューなどで確認すれば問題ありませんが、気づかないままにしておくと、読者からの印象が悪くなるので要注意です。

 

おすすめサイズは縦横ともに600ピクセル以上の正方形であり、これ以下のサイズはぼやける可能性が高まります。

しかし、SNSで共有する際は正方形から一部がトリミングされてしまうので、表示される範囲が違ってくる点に要注意です。横600ピクセル縦314ピクセルに切り取られてしまうため、中央に重要な文字や画像があるものを選ぶことがおすすめだと言えます。

 

カバー画像はクリック率を高くする効果がある

アメブロのカバー画像の設定が面倒だと感じられる人もいるかもしれませんが、これを設定しておくとクリック率を高めやすくなります。

タイトルとマッチしていたり、内容が伝わりやすいものであったりすると、読者からクリックしてみようと思われる可能性が高くなるでしょう。

 

一方で、カバー画像を設定していないと何を書いている記事なのか分かりにくい印象を与え、クリック率が低くなってしまう可能性があります。

カバー画像の設定はクリック率を向上させる有効なテクニックの1つだと言えます。設定方法や記事に合ったカバー画像を用意しておくことの重要性を理解しておき、多くのユーザーから閲覧してもらえるブログを作るためにも設定をおすすめします。

 

まとめ

アメブロに設定できるカバー画像の推奨サイズを徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

カバー写真はクリック率を簡単に高める事ができるものですので、必ず設定することをおすすめします。また、推奨サイズはSNSによって異なりますので、自社で運用しているSNSに合わせてカバー写真のサイズを設定することをおすすめします。