fbpx
【最大77,700円還元】年末キャンペーン開催中! >>

アメブロの記事編集は通知される?仕組みや通知方法を解説

今回は、アメブロの記事編集の通知状況や便利なフォローフィードについて解説していきます。

「アメブロで記事編集をするたびに通知が行くのではないか」と不安になっていませんか?たしかに、記事更新時にフォロワーに通知が行く機能は便利ですが、回数が多いと迷惑がられないかが気になるところです。過剰なお知らせはフォロワーに避けられる可能性がありますので、通知システムについての知識を深めておくことが推奨されます。

 

アメブロの記事編集で通知は届く?

アメブロの記事編集をした時、読者に通知は行きません。タイトルや記事の内容を見直して編集したとしても、誰にも通知されないシステムです。

一般的なSNSやブログにおいても、記事の編集や画像の再編集等を行なったとしてもフォロワーに通知がいかないようになっています。通知される場合には新規投稿が必要となります。

 

なお、アメブロの通知はアプリかメールに届きます。もちろん、読者が通知許可をしている場合のみ届くので強制的なシステムではありません。

記事の通知を出せることによって、新規公開からすぐにアクセス数を獲得することが期待できます。

 

アメブロの通知が届く3つの編集方法

アメブロの通知は、通常の記事編集時には届きませんが、編集方法によっては通知が届いてしまいます。アメブロの通知が届いてしまう編集方法は、3通りあります。

  • 全体公開からアメンバー限定公開に変更
  • アメンバー限定公開から全体公開に変更
  • 最新の日付に変更して公開

 

まず、アメーバブログの公開範囲を変更するとメール通知のみが届いてしまいます。

また、編集した時点での現在の日付に変えた場合、最新の日付になるため新着記事として認識され、アプリとメールにて通知が送られます。

 

アメブロのフォローフィードと通知の違い

フォロー登録したブログの更新が届く先は、アプリとメールのみではありません。アメーバ会員なら絶対に目にするフォローフィードという形式の通知もあるので、アメブロを運営するのなら知っておくことが推奨されます。

アプリやメールの通知機能とフォローフィードは、少し仕組みが違います。2つの通知機能の違いを知って、適切な方法で記事編集しましょう。

それでは、アメブロのフォローフィードの詳細とアプリやメールの通知システムとの違いを見ていきましょう。

 

アメブロのフォローフィードとは?

アメブロのフォローフィードとは、フォロー登録済みのアメーバブログの更新情報が一覧されるフィードのことです。アプリやウェブからアメブロにログインした時にマイページに表示されるため、特別な通知設定をしなくても発信情報を確認できます。

アプリやメールの通知は通知設定だけしておけば、その後は自動的にお気に入りブログの記事更新時に通知が届きます。

 

一方、フォローフィードはスマホやメールに通知は届かず、マイページにログインしたときに確認できるようになっています。

つまり、フォローフィードはマイページを自発的に開かなけれチェックできないため、好きなタイミングで更新情報を確認したい人に最適です。

 

記事編集でフォローフィードに載る?

アメブロで記事編集をした場合、アプリやメールの通知と同じく、フォローフィードには載りません。記事編集にて公開範囲を変更するケースでも、フォローフィードには反映されない仕組みです。

公開範囲を変更して再度記事を公開した時、通知が行くのはメール通知のみで、アプリ通知とフォローフィードには届かないようになっています。

 

記事を編集して最新の日付にて公開した時は、アプリやメール通知と同じく、フォローフィードにも掲載されます。

フォローフィードの通知機能の特徴をまとめると、以下のとおりです。

  • 通常の記事編集と公開範囲変更の通知は反映されない
  • 記事編集で最新日付に変えて再度公開すると反映される

 

まとめ

アメブロで記事編集をすると、その都度、フォロワーに通知が届くのか、届く場合の編集方法、フォローフィードについて説明しました。記事更新のペースを上げると頻繁に通知が行ってしまうため、フォロワー離れの原因になってしまうかもしれません。それと同じく、編集の際にも方法によっては通知が届いてしまう恐れがあるため、それぞれの通知機能の特徴を理解しておきましょう。