fbpx
3ヶ月無料キャンペーン開催中!詳細はこちらへ >>

【アフィリエイト広告で収入アップ】仕組みとメリット・デメリットを解説

アフィリエイト広告が気になっているけど、具体的な仕組みやメリット・デメリットがよく分からないというに向けて、この記事ではアフィリエイト広告の基本的な仕組みから、稼ぐための流れ、実際に稼げるのかどうかについて詳しく解説します。これを読めば、アフィリエイト広告の仕組みとメリット・デメリットについて理解が深まり、アフィリエイト広告で収益を得られることができるでしょう。

 

アフィリエイト広告の仕組み

アフィリエイト広告は、おすすめの商品やサービスを紹介しながら稼げるインターネット広告ビジネスのひとつです。ノルマや費用が全くないため、ノーリスクでチャレンジできます。

ここでは、アフィリエイト広告の内容や仕組みにスポットをあてて、詳しく解説していきます。

 

アフィリエイト広告とは?

アフィリエイト広告とは、インターネット上にて収益化できる広告の中のひとつです。正式名は「成果報酬型広告」といい、広告から成果が出るごとに報酬が入るタイプの広告です。

所有のブログやサイトにアフィリエイト広告を掲載し、閲覧者が広告をクリックして商品購入やサービス登録などをすると、報酬が発生し収益化します。

 

アフィリエイト広告を出しているのは自社の商品やサービスを PR したい企業や店舗(広告主)です。アフィリエイト広告にて収益化をするのがブログやサイトの運営者(アフィリエイター)で、 アフィリエイト広告の商品購入やサービス申し込みをするのがブログやサイトの訪問者(消費者)になります。

そして 、広告主とアフィリエイターがトラブルなく取引できるように仲介するのが、ASP という仲介業者です。アフィリエイト広告による収益化サイクルには、「広告主」「ASP」「アフィリエイター」「消費者」が存在し、それぞれがメリットを得られるようになっています。

 

インターネット上で収益化できる広告には、いくつかの種類があり、アフィリエイト広告(成果報酬型広告)以外では、以下の2種類が有名です。

  • クリック報酬型:広告がクリックされると1クリック数円が入るタイプ
  • インプレッション報酬型:広告が閲覧者に向けて表示された回数に応じて報酬が入るタイプ

 

成果報酬型のアフィリエイト広告も含めた3種類の広告は、それぞれに広告管理者が異なるため、貼り方や報酬受け取り方法などが分かれています。

そのため、全種類の広告を経済する場合は、それぞれで手続きをして、別々に広告選びや掲載、報酬受け取りまでを行う必要があります。

 

アフィリエイト広告で稼ぐ流れ

アフィリエイト広告で稼ぐと決めたら、以下の流れで稼ぐための準備を進めていきます。

【アフィリエイト広告で稼ぐ手順】

  1. ブログを作成
  2. ASPに運営者情報とメディア情報を登録
  3. ASPの審査通過報告を待つ
  4. 審査を通過したらASP内でアフィリエイト広告を選ぶ
  5. 選んだアフィリエイト広告の広告主に提携申請を送る
  6. 広告主との提携が済んだら自分のメディアに広告を貼る
  7. メディアの訪問者は広告から購入や申し込みをした後に報酬が入る

 

アフィリエイト広告を探したり、貼り付けの準備をしたりの作業はASP内で行うため、まずはASPに登録する必要があります。しかし、ブログやサイトなどのメディアを持っていなければ、ASPの審査に通らないケースがほとんどのため、まず初めにブログ作成をする必要があります。

ASPの審査に通過したら、すぐにでも広告検索が可能になり、あとは手順通りに貼付まで進めていけます。ASP内には多数のアフィリエイト広告が一覧されており、検索機能などで探しやすくなっているため、非常に便利です。

結果的に、アフィリエイト広告にて報酬が発生した場合は、「広告主→ASP →アフィリエイター」の流れで報酬が支払われるようになっています。つまり、広告主とアフィリエイターが直接お金のやりとりをすることなく、ASP仲介のもとで報酬を受け取れるため、ほぼ金銭トラブルがありません。

 

アフィリエイト広告で本当に稼げる?

アフィリエイト広告で稼ぐ仕組みを理解できても、本当に稼げるのかが疑わしいところでしょう。先輩アフィリエイターの収益額を知るためにインターネット検索をしてみると、かなり大きな額が掲載されているので、「相当稼げるのでは」と希望が湧いてくるかもしれません。

しかし、それらの情報が確実とは言い切れないため、団体が行なっているアンケート調査結果などを参考にするのが賢明です。

 

例えば、2020年にNPO法人アフィリエイトマーケティング協会が実施したアンケートでは「アフィリエイトで稼いでいる人が全体の7割程度」「そのうちの3割程度は月1万円以上の稼ぎ」との結果が出たと報告されています。

また、1割程度になりますが、月50万円以上を稼ぐ人も存在するとの結果も出ていますから、全く望みがないわけではありません。むしろ、稼げる広告ジャンルを選び、正しいブログ集客方法実践していけば、稼げるネットビジネスだといえるでしょう。

 

需要が高い広告ジャンルには、以下のようなものがあります。

【需要が高い広告ジャンル】

  • アプリダウンロード、登録(無料):数十〜数百円
  • 書籍、日用品など:商品価格の数%
  • クレジットカード作成:数千〜1万円程度
  • 保険加入:数千〜1万円程度
  • FX口座開設:1~3万円程度

 

この中で、報酬額が高いのは「クレジットカード申込」「FX口座開設」「保険加入」となり、1件につき数万円も稼げるので、月に50万円以上も遠い夢ではないでしょう。ただし、これらのジャンルは誰もが気軽に申し込むとは思えないため、難易度が高く、成約率が低めになります。

逆に、報酬単価は低いものの、気軽にダウンロードできる無料アプリや価格単価が低い書籍などの方が成果率高めです。

 

どちらを選ぶかは運営者の考え方によりますが、アフィリエイト広告の選ぶ時は、以下の3点を意識すると、大きく稼げる見込みがあります。

  • 需要が高い
  • ライバルが少ない
  • 報酬単価が高い

アフィリエイト広告による収益化を成功させるカギは、広告選びにあると言ってもいいほどなので、ブログや記事を用意する前にじっくり選びましょう。

 

アフィリエイト広告のメリット

アフィリエイト広告の仕組みを利用するメリットは「初心者でも稼ぎやすい」だけではありません。

その他にもメリットがあるからこそ、アフィリエイト広告で稼ぎたいと思う人が増えているのです。
ここで、アフィリエイト広告で稼ぐメリットをご紹介します。

 

費用をかけずに始められる

アフィリエイト広告以外にも、インターネットを活用して稼ぐ方法がある中で、初期費用がかからないビジネスは、意外に少ないのが正直なところです。例えば、フリーマーケットやECサイトでの物販ですと、商品の仕入れに費用がかかります。

また、クラウドソーシングを利用して、本格的にフリーランスとして仕事をする場合でも、スキル習得や資格取得のための費用が必要です。

しかし、アフィリエイト広告を用いたブログ運営では、ほとんど初期費用がかかりません。そのため、まとまった費用がなくても始められるのがメリットなのです。

 

ノーリスクで続けられる

アフィリエイト広告による収益化においては、在庫を抱えたり、ノルマを課せられたりなどの負担が全くありません。そのため、広告の商品が売れなかったとしても、責任を取る必要がなく、ノーリスクで運営を続けていけるのです。

物販であれば、在庫を抱えなければいけないので、売れなかった場合は仕入れの費用分がマイナスとなり、経営状況によってはかなりのダメージになるでしょう。

 

さらに、1ヶ月に◯個は販売しなければいけないといったノルマがある場合は、自分で購入しなければいけません。

つまり、アフィリエイト広告を利用した収益化においては、そのようなリスクが全くなく、安心してメディア運営を続けていけます。

 

軌道に乗れば放置してても稼げる

アフィリエイト広告を掲載したブログのアクセスが安定し、継続して成果が出るようになると、ほぼ放置していても収入が得られるようになります。

軌道に乗るまでには時間がかかるかもしれませんが、乗ってしまえば、コンスタントな記事更新や新たな集客をする必要がなく、不労所得に近い状態で稼げるのがメリットです。

 

アフィリエイト広告のデメリット

メリットが多く、うまく運べば放置していても稼げるアフィリエイト広告の収益化ですが、実はデメリットもあります。「こんなはずではなかった」と失望しないためにも、デメリットも知っておくとよいでしょう。

ここでは、アフィリエイト広告で稼ぐ際に生じるデメリットを解説します。

 

成果が出るまでに時間がかかる

アフィリエイト広告を貼る準備の段階までは誰でも簡単にできますが、その後のブログ運営や成果達成に向けてのブログ記事執筆、集客のステップでは、スキルや知識が要るため、習得や実践に時間がかかるかもしれません。

アフィリエイト広告で稼ぐのは初めてだという人なら、なおさらのこと、初めてのことばかりで記事更新さえも難しく、集客まで手が回らない状況に陥る可能性が高いです。

そのため、特に初心者は、そのようなデメリットにぶつかることを想定した上で、腰を据えたブログ運営を目指すべきです。

 

覚えることが多い

アフィリエイト広告でしっかり稼ぐためには、SEO対策やその他の集客方法、セールスライティングや見やすいブログデザイン設定などを覚える必要があります。まず、継続的なアクセス数を確保するために、SEO対策の習得が必須です。

仮に、SEO対策を外した集客方法でアクセスを維持するとなると、宣伝活動に膨大な時間を使わなければいけない可能性があります。日常的に時間や手間がかかりすぎる作業は、挫折の原因にもなりかねないため、SEO対策は取り入れるべきです。

 

また、SEO対策でアクセスを集めたとしても、記事の内容に説得力がなければ、成果達成が難しいといえるでしょう。

成果達成のためには、広告商品を使ってみたいと思わせるようなセールスライティング力がなくてはならないため、ライティングのノウハウを覚える必要性も出てくるのです。その他にも、意外に覚えることが多く、成果達成までに苦労が多いのがデメリットとして挙げられます。

 

WordPressを使わなければいけない

アフィリエイト広告で稼ぎたいのであれば、無料ブログではなく、WordPressを使ったほうが有利です。WordPressは、SEO対策に役立つ機能があり、検索上位に上がりやすいと評判です。

また、シンプルな操作で広告に合わせたデザインやカスタマイズ設定ができるため、作業効率化にもなります。しかし、WordPressの運営には少し費用がかかるのと、セッティングの段階の作業が少々複雑なため、初心者は挫折する可能性が高いです。

ただし、これはWordPressでブログを開設したケースに限った話であり、違うブログを使えば、このようなデメリットは発生しないのです。とはいえ、無料ブログではSEO対策面から見たときに不利なため、おすすめできません。

 

そこでご紹介したいのが、アメブロでアフィリエイト広告収益化をする方法です。アメブロは、無料で使えるブログサービスですが、独自のアフィリエイトツールの導入によりASPとブログがセットになった状態になっています。

また、集客面においてはSNS機能が充実しているため、簡単な宣伝活動である程度のアクセスアップ効果が見込めるのです。

 

結果的に、アメブロでアフィリエイト広告の収益化をすると、以下のようなメリットが得られます。

  • 無料ブログでしっかり集客できる
  • 簡単にブログ開設できる
  • 簡単な申請で広告が貼れるようになる
  • ASPに登録する手間が省ける
  • ランキングやアメトピでも集客できる

アメブロの登録はスマホだけでできるほど簡単で、初心者でもすぐに完了するはずです。試してみて損はない優れた操作性のアフィリエイトブログなので、一度登録してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

アフィリエイト広告の仕組みやメリット、デメリットをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

アフィリエイト広告で稼ぐ方法には、いくつかのデメリットがありますが、軌道に乗れば効率よく稼げるビジネスです。もし、デメリットを乗り越える自信がないのであれば、アメブロでのアフィリエイト広告収益をぜひ検討してみてください。