fbpx
【7月31日まで】3ヶ月無料キャンペーン開催中 >>

読まれる記事【書き方】

読まれる記事を書くためには、内容だけでなく、その書き方にも工夫が必要です。以下に、読者の興味を引き、読みやすい記事を作成するための書き方をご紹介します。

 

  1. 明確で具体的な表現
    • 読者が一読して理解できる、明確で具体的な言葉を選びます。抽象的な表現は避け、ポイントを的確に伝えるよう心がけます。
  2. 親しみやすい口調
    • 記事を読む人が感じる距離を縮めるために、親しみやすく、対話的な口調で書きます。あたかも読者と直接話しているかのような書き方が効果的です。
  3. 短い文と段落の使用
    • 長い文や段落は読みにくさを増すため、短くシンプルな文を使用し、段落も小分けにします。これにより、スキャンしやすく、理解しやすい文章になります。
  4. ストーリーテリングの活用:
    • 読者の興味を引くために、実体験や例え話、物語を用いたストーリーテリングを取り入れます。物語は情報を覚えやすくし、感情的なつながりを生み出す効果があります。
  5. アクティブな言葉の選択
    • 受動態よりも能動態を使用し、アクションに満ちた言葉を選びます。これにより、文章にエネルギーと明瞭さが生まれ、読者の関心を保つことができます。
  6. 視覚的要素の活用
    • テキストだけでなく、画像、ビデオ、インフォグラフィックを利用して、文章に視覚的な休憩を提供します。視覚的要素は、情報の理解を深め、記事の魅力を高めます。
  7. 感情に訴える
    • 読者の感情に訴えかける言葉選びをします。共感を生み出す表現や、感動や驚きを与えるような言葉使いが、記事の印象を強くします。
  8. 質問や呼びかけの活用
    • 記事中に質問を投げかけたり、読者にアクションを促す呼びかけを行うことで、読者の関与を高めます。

 

これらの書き方を取り入れることで、読まれる記事を作成することができます。内容の質とともに、伝える方法にも注意を払うことが、読者の心を掴む記事へとつながります。